旦那が浮気してたら許す?許さない?浮気の兆候と対策のまとめ

旦那が浮気

旦那が浮気をしているかもしれない。そう不安に思ったことはありますか?

浮気をされているという確証がなく、ただなんとなくそう思った場合もあるかもしれません。

旦那に浮気をされているとは思いたくない。

旦那を信じたい。

しかし、疑義の念を抱いてしまう。

その場合、貴方のできることはふたつです。

ひとつは貴方の抱いてしまった疑義の念にフタをして何もなかったことにしてしまうこと。

言い換えれば、旦那を信じる、というのかもしれません。

ふたつは真実を確かめること。

いくら疑義の念にフタをしようとしても、一度抱いた不信感は簡単にはぬぐえません。

それを解決するためにも真実を知ることもひとつの選択です。

では真実を確かめることを選んだ場合、まずはどうしたらいいのでしょうか。

もし本当に浮気をしているのであれば、ばれないように旦那側も対策をしているはずです。

そう考えると、真実を知ることは難しいように思えるかもしれません。

しかし、浮気というものは100%隠し通すことはできないものです。

必ず、ほころびや矛盾が生じます。

旦那が浮気をしているかどうか、その真実をしるためのポイント。

浮気をしているサインに気が付くために意識してみるべきポイント。

それらを把握し、旦那との今後の関係を見極めましょう。

スマートフォンから分かる浮気の兆候

スマートフォンから分かる浮気の兆候

生活に必需品となったスマートフォン。

個人情報がぎっしりと詰め込まれています。

たとえ公にできない関係である浮気であったとしても、そのやり取りにスマートフォンが利用される可能性というのは非常に高いです。

かといって、人のスマートフォンを盗み見することはしてはいけない行為です。

夫婦関係であったとしてもプライバシーは守らなければいけません。

浮気の真実を知るために盗み見た行動が、夫婦仲に大きな亀裂が生じる可能性も非常に高いのです。

そこでスマートフォンを盗み見するのではなく、旦那のスマートフォンの扱い方から真実を突き止める方法をご紹介します。

スマホの置き方

スマートフォンにはさまざまな機能が搭載されています。

うっかりディスプレイに浮気相手からのメッセージが表示される可能性もゼロではありません。

そのためディスプレイを下に向けて置き、メッセージなどの通知が妻の目に入らないようにする場合があります。

更に、常にスマートフォンを持ち歩くようになった場合も注意が必要です。

今までリビングに置いたままトイレに行っていた旦那が、トイレにまでスマートフォンを持ち込むようになった。

そういった場合、トイレやお風呂にいっているあいだに妻にスマートフォンのデータを見られることを恐れている可能性があります。

スマホの電源を切る

スマートフォンには緊急の連絡が入る可能性があります。

そうであるにも関わらず、スマートフォンの電源を切っている旦那は要注意です。

浮気相手が既婚者であっても、未婚者であっても、仕事が終わった夜の時間や休日は連絡をとる時間ができます。

それらの時間帯は、旦那が妻と一緒に過ごしている時間でもあります。

したがって何度も連絡が届いてしまうと妻に浮気を疑われる可能性も高くなります。

そのため、妻に怪しまないように電源を落としている可能性があるのです。

又、電源を切るまでいかなくとも、サイレントモードという着信音もバイブレーションも作動させなくする手段もあります。

今までと違い、着信音などが一切聞こえなくなった場合も浮気の可能性が考えられます。

圏外で繋がらない事が多い

旦那に連絡をしても繋がらないことが多くなった場合も要注意です。

都心でも、建物の地下に入ってしまうと電波が届きにくい場所があることも確かです。

しかしあまりにも頻繁に繋がらないとなるといかがなものでしょうか。

スマートフォンにはすべての通信機能をOFFにできる機内モードが存在します。

つまり意図的に「圏外」は演出できるのです。

あまりにも圏外である場合が多い場合は意図的な「圏外」を疑う必要があるでしょう。

所持品から分かる浮気の兆候

所持品から分かる浮気の兆候

人はよくもわるくも影響を受けやすい生き物です。

今まで身なりに無頓着であった旦那がお洒落を意識し始めたりなどは要注意。

特に注意すべき所持品を3つご紹介します。

結婚指輪

結婚指輪ほど、既婚者であることを周りに知らせるものはないのではないでしょうか。

毎日身に着けていたはずの指輪を外している回数が増えていないか確認しましょう。

浮気をしていた場合、自身が独身であることを偽るために指輪を外すことになります。

仮に浮気相手が貴方の存在を知っていたとしても、指輪を通して妻の存在は嫌でも意識してしまうことになります。

そのため、浮気相手の気持ちを汲んで外す場合もあるのです。もし浮気をしていないにしても、女性との出会いを求めている男性は結婚指輪を外す傾向にあります。

そうして外された指輪は、普段あまりつけ外しをしないものであるため帰宅時に身に着けることを忘れてしまうことが多いのです。

しかし、注意すべきところは仕事で指輪を外さなければいけないシーンもあるということです。

そのため、結婚指輪を外しているということは浮気に直結するわけではないので注意しましょう。

下着

浮気をすると変わるもの、として代表的なものが下着です。

普段の身なりだけでなく、今まで無頓着であった下着にまで気を配るようになれば要注意です。

たとえば、毛玉だらけの下着を自ら捨てるようになったり、オシャレな下着を身に着けるようになったりといった行為です。

下着は人の目にふれる機会が極端に低いものです。その下着にまで気を配るということは、浮気の可能性も高くなってしまいます。

ポイントカード

スマートフォン以外にも情報がつまっているところはお財布です。

こちらも妻に財布の中身を確認される恐れがあります。

しかし、スマートフォンほどではないので旦那は案外、財布にまで注意を配ることを疎かにしがちです。

そんな財布の中のポイントカードを確認してみましょう。

旦那が足を運ばなさそうなお店や、使用日も分かるため浮気チェックには最適ともいえます。

日常生活から分かる浮気の兆候

日常生活から分かる浮気の兆候

浮気をすると、いくら隠そうとしても日常になんらかの変化が生まれます。

旦那の態度や行動に違和感を覚えた場合、しっかりと判断することが大切です。

日常生活で変化が表れやすいポイントをふたつご紹介します。

趣味、趣向の変化

大人になるにつれて新しい趣味は増えにくいといいます。

子どもの頃に比べると新しいことに出会う回数も減り、そして熱中できるほどの時間と余裕がないからです。

しかし自分の好意を抱く相手の趣味というのはそれには当てはまりません。

相手を理解したい、相手との共通の趣味をもちたい。

そういった理由で、新たな趣味を手に入れるケースがあるのです。

趣味だけでなく、音楽や食にも言えることです。

今まで興味がなさそうなものを好み始めた場合、好きになった経緯を尋ねてみましょう。

すぐに答えない場合や焦りを見せた場合は、浮気を疑う必要があるかもしれません。

恋愛話への拒絶反応

自分の分が悪いときや自身のふれてほしくない話題には極力関わりたくないものです。

そのため、「浮気」や「不倫」といった単語には過剰に反応してしまいます。

浮気をしていることを隠しておきたい。

浮気に関しての話をしてぼろが出るのを避けたい。

そういった心理が働き、口数が少なくなり居心地が悪そうになったり、口数が多くなったりと表情や態度に表れます。

すぐに話を逸らそうともするでしょう。

何もない日にお土産を買ってくる

いままでお土産を買ってきたことがない旦那が急にお土産を買ってきてくれた。

実はこれも怪しむ必要があるのです。

勿論、旦那が妻に対して純粋な気持ちでお土産を購入する可能性も大いにあります。

しかし、浮気をしてしまった罪滅ぼしとしてお土産やプレゼントを購入する男性は多いのです。

浮気は悪いことだと当然分かっている旦那は、少しでも自分の罪を軽くしようとする傾向にあります。

ただ、いざお土産を貰ったらその意図を確認することは難しいでしょう。

なぜ普段買わないお土産を買ってきてくれたのか、そう問いただされてはいい気はしないでしょう。

ひとまず、感謝の気持ちを伝えて様子を見た方がいいのかもしれません。

長々と言い訳を言ってくる

たとえば、最近休日出勤が増えた旦那に「最近、休日も忙しそうだね」と声を掛けるとします。

ただ一言、「繁忙期だから忙しい」などで済ますことができる返事に、長々とまるで言い訳をするかのように言葉を並べられると違和感をおぼえることでしょう。

言い訳というのは、自分を守るために使います。

そのため仕事の忙しい話や職場の愚痴ではなく忙しいことを正当化するような、言い訳をするような話をされた場合、それは本当の理由ではないかもしれません。

それがイコールで浮気に繋がるわけではありませんが、疑う必要があるかもしれません。

やたらと妻のスケジュールを確認する

妻の予定を確認することは当たり前なことなのかもしれません。

妻の予定を知り自身の予定を立てることもあるでしょう。

妻とどこかへ行くために予定を聞いた可能性もあります。

しかし、「必要以上に」「今まで予定を全く気にしなかったのに」妻の予定を確認することは少し怪しいかもしれません。

何故なら浮気をしていた場合、浮気相手と一緒にいるところを妻に見られるわけにはいかないからです。

浮気相手と会う時間を確保するためにも、妻の予定を把握しておくほうが無難でしょう。

そして、妻の予定をふまえて浮気をばれないための計画を立てる必要があるからです。

もし旦那を怪しいと思うのであれば、伝えた予定とは異なる行動をとることもひとつの手です。

帰宅時間を早めたりすることで、旦那に容易に「計画」を立たせることを防ぐことができます。

旦那に浮気をされた時にとるべき行動

旦那に浮気をされた時にとるべき行動

さまざまな方法で旦那の浮気疑惑が濃厚であると判断した場合、いったいどうすればいいのでしょうか。

浮気を止めさせるのか、旦那の浮気の証拠を掴んで離婚も視野にいれるべきなのか。

いずれにせよ、浮気を放置しておくべきではないのかもしれません。

今後のことを考えなければいけませんが、浮気をされたのであれば悲しい気持ちや怒り、虚しさ、いろいろな感情が渦巻いていることでしょう。

そんな中まず一番気を付けなければいけないことは、感情のままに旦那を責めないことです。

決して浮気をした旦那をかばう訳ではありません。

あくまで、いまは「浮気疑惑が濃厚」である段階であり、「証拠」はないのです。

この状況下で旦那を責めてしまっては、今後どうするにしても貴方が不利になってしまう可能性があるからです。

浮気の証拠隠滅をされる可能性や、逆ギレされて「証拠もないのに疑われた哀れな旦那」という立場に逃げられる可能性もあるからです。

そのため、まずは自分の気持ちを落ち着かせる必要があります。

そうして自分の気持ちを落ち着かせた貴方が、今後の選択のためにすべきことをご紹介します。

浮気をしたら離婚すると伝える

旦那とできるだけ穏便、平和的な解決をしたい場合。

そして旦那が自分と別れる道を選ばないという確信がある場合。

「浮気をしたら離婚する」と伝えることも有効です。

ストレートに、旦那の目を見て伝えることもいいかもしれません。

浮気していることを妻に感づかれていると旦那に危機感を抱かせ、浮気を止めさせることができるかもしれません。

もしくは、遠回しに釘を刺すこともひとつの手です。

浮気相手の存在を連想させる、「普段とは違う香水のにおいがするね」「最近、俳優さんのことに詳しいね。誰か詳しい知り合いでもできたの?」など、旦那が動揺するであろう言葉を投げかけましょう。

間接的ではありますが、旦那に「妻がなにかに気が付きかけている」と思わせることができ、浮気しにくい状況を作るのです。

もう少しはっきりと旦那に伝えたい場合は、「友達の旦那が浮気している」などといった作り話をするのもよいでしょう。

そうすることで、「私は浮気されたら許さない、離婚する」といった貴方の気持ちを旦那に伝えることができます。

どの手段をとるにしても、旦那を動揺させることができるでしょう。

旦那が浮気をしている証拠を掴むまで泳がせておく

もし離婚や、旦那に浮気を認めさせ謝罪させたいのであれば、貴方が浮気に気付いていることを隠し通す必要があります。

離婚や謝罪させることは、旦那の非が明確になったときにできることです。

そのため、前述した通り、疑惑の段階で旦那を責めてしまってはいけません。

確実な証拠を手に入れる必要があるのです。

しかし見て見ぬふり、気が付いていないふりというのは精神的な苦痛が伴います。

その覚悟が必要です。

もし覚悟ができたのなら、冷静に証拠を集めましょう。

人は必ず気が緩む瞬間というものがあります。

いつか必ずぼろが出ます。

ただし、ひとつ注意すべきことがあります。

浮気というものは時間が経過すればするほど浮気相手と旦那が別れにくくなるということです。

時間と共に相手への情も深まっていってしまいます。

そのためその時間分、綺麗に関係を切らせることが難しくなってくるのです。

冷静に証拠が集まるまで待つことは大切ですが、このことも念頭においておきましょう。

探偵(興信所)などに相談してみる

旦那に浮気されているかもしれない。

そういった話はなかなか他人には話にくいものでしょう。

そうであれば一人で悩んで苦しまなければいけないことになります。

自身の気持ちを整理させるためにも証拠を掴むためにも専門家に相談するという手段もあります。

専門家の力を借りれば、貴方が一人で掴もうとしている証拠を効率よく集めてくれます。

探偵社はネットで探せばたくさん見つかりますが、個人でやっているようなところは調査力がなかったり、中には怪しい探偵社もあるので、メディア露出が多い大手の探偵社を利用するのが無難です。

MR探偵事務所という所はテレビや雑誌などでも有名なのでおすすめ!口コミも良いですよ↓

MR探偵の口コミ

そして過去の事例というものを知っている分、アドバイスを貰える場合もあります。

お金は必要ではありますが、誰かに話せる分、自分ひとりだけで事実に向かい合わなくてもいい分、こういった専門家に頼ることも貴方のためになるでしょう。

「許す」「許さない」は旦那にハッキリ伝えましょう

旦那の浮気を怪しむポイントから、浮気疑惑が濃厚となった場合の対応をさまざまご紹介しました。

しかし、最終的には貴方が浮気をした旦那を「許す」「許さない」の判断をしなければなりません。

「許す」ことを選択した場合でも、きっと貴方の心と頭のどこかには「旦那に浮気された」という傷が深く残っているはずです。

それを受け入れ、再び旦那を信じて夫婦関係を継続することになります。

決して元通りの関係に戻れることはないでしょう。

「許さない」ことを選択した場合、夫婦関係を解消することになるかもしれません。

そのときは旦那に引き留められも、自分の決断を崩してはいけません。

苦しんで悩んでだした決断を変えてしまっては、旦那にもその程度の決意だったと軽く思われてしまいます。

貴方の気持ち、思いは旦那にしっかりと伝えましょう。

この記事のまとめ

人の心は移り変わるものといえます。

貴方と結婚した安心感を「代り映えのない退屈な日常」と思い違いをすることもあるでしょう。

しかし、浮気は許されないことです。

何があったとしても浮気はしてはいけないのです。

ただ、そうはいっても浮気をした旦那と別れるといった、割り切った選択はすぐにできるものではないでしょう。

そして悲しみや怒りなど抑えきれないほどの感情に襲われることでしょう。

そういった状況でも、貴方の今後のためにもできるだけ落ち着く必要があります。

すぐに旦那との関係に結論がだせなくても、感情に任せて旦那を責めてしまっては泣き寝入りすることになるかもしれないのです。

貴方自身がどうしたいのか、旦那にどうしてほしいのかを見極め、行動に移しましょう。

そのためには自身を見つめなおすことや、旦那と腹を割って話すことも必要になってくるかもしれません。

後悔しないためにもできる限りのことをしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です