旦那にイライラしてストレスが溜まる…その原因と解消法は?

旦那にイライラ

愛している人と結婚したはずなのに、最近、その旦那に対してイライラしてしまう。

そんなことはありませんか?

友達夫婦は幸せそうなのに、なぜ私の旦那はこうもイライラさせるのか。

イライラなんてしたくないのに、旦那の行動がいちいち気に障る。

ストレスは身体にもココロにも悪影響を及ぼします。

そして、イライラが旦那にも伝わり夫婦仲が悪化していく。

いいことはひとつもありません。

そこで今回は、旦那に対してイライラしないためのコツをご紹介します。

旦那にイライラする!とストレスを溜め込む妻が急増中

ストレスが溜まっている妻

仕事やお金、人間関係と生きていくだけでストレスにさらされます。

ストレスが原因で精神的な病になる可能性だけでなく、カラダの不調に繋がる可能性があります。

家に帰ると安心する。家に帰るとストレスから解放される。

そう思っていたはずなのに、いつの日か家でもストレスを感じてしまうようになった人も少なくはありません。

特に、旦那に対してストレスを感じる妻は多いのです。

旦那に対してイライラしたりストレスを感じるようになると、そのイライラは旦那にも伝染します。

そうして夫婦仲が悪くなっていきます。

それだけでなく、夫婦仲の悪化は子どもにも影響を及ぼしてしまいます。

夫婦仲を改善し、ストレスフリーな穏やかな毎日を過ごしたいものですね。

旦那にイライラするありがちな原因旦那にイライラする原因とは一体何なのでしょうか。

原因を把握しないことには、イライラしないストレスフリーな生活は訪れません。

旦那に対してイライラしてしまう主な原因を3つご紹介します。

家事育児は女の仕事だと思っている

仕事は男、家のことは女が行う。

そんな言葉はいまの時代通用しません。そうであるにも関わらず妻が家事を行って当然だという顔をする旦那。

掃除、洗濯、料理、それらはすべて家族のために必要なことです。

それに対して非協力的で、感謝もしない旦那にイライラしてしまうのは当然のことと言えます。

一方で、家事のほんの一端を行っただけで「家事を手伝った」と誇らしげにされると不満もつのります。

家の事には一切関与しない

こちらも家事育児は女の仕事だと思っている旦那に多いようです。

自分は仕事をしているのだから、休日や仕事終わりまで家のことをしたくない、と思っているのでしょう。

そのため、着たい服が見当たらなかったり、買い置きがなくなったりすると素知らぬ顔で妻に「要求」してくる。

なにかトラブルがあれば、管理ができていないと妻を責める。

当然、そんな旦那には不満がつのることでしょう。

思いやりがない

家事や育児に対しての感謝の気持ちも、日に日に薄れてきたのでしょう。

妻が行う家族のための家事などを当たり前のこととして受け入れている。

そして、疲れているからと妻の話を聞かない。

付き合った当初や結婚したばかりの頃では考えられないのではないでしょうか。

妻の不満にも気が付かず、話も聞かない旦那にイライラと呆れを抱く妻も多いようです。

旦那にイライラしない妻の考え方

旦那にイライラしなくなる考え方

家事や育児に協力的な旦那も当然存在しますが、非協力的な旦那も多いです。

しかしその中で、旦那に対してイライラしないという妻もいます。

イライラする妻は短気で怒りっぽいのかというと、決してそうではありません。

イライラする妻と、イライラしない妻。

両者の違いとはいったいなんなのでしょうか。

旦那に期待しない

人が怒りを感じるとき、「自分の価値観とは異なることをされた」場合があります。

たとえば、「旦那はもっと家事に協力的になるべきだ」という自分の認識と、「何もしない非協力的な旦那」という現実の落差に傷つき怒りを感じてしまうのです。

イライラしない妻は、旦那に何も期待しません。

「この人は何もしない、できない人」だという自分の認識と、「何もしない非協力的な旦那」という現実には落差がありません。

そのため不満に思うこと自体が少なくなるのです。

得意な事だけでもやってもらう

旦那がなぜ家事や育児をしないのか。

その理由は、妻がして当たり前だという思い以外にも「やり方が分からない」といった理由で家事や育児に非協力的な旦那もいるのです。

やり方くらい聞けばいいのに、と思うかもしれません。

しかし、「妻が家事と育児を負担に思っておらず、好きだからこそ自ら進んで行っている」と思い込んでいる旦那も多いのです。

その場合は旦那の家事育児への参加は期待できません。

そこで、イライラしない妻たちは旦那にしてほしいことをあくまで「お願い」というかたちで協力させるのです。

そうすることで旦那の家事育児への無関心さは、少しずつ薄れていくでしょう。

イライラする前に予防策をとる

旦那が家事育児に非協力的な場合、妻はそのぶん「自分ががんばらなくては。」と思う傾向にあります。

旦那の分もしっかりしなければ、そう思うことで自分の首を絞めてしまっているのです。

勿論、頑張ることは素晴らしいことです。

しかし、すべてを完璧にこなす必要はありません。

休日に旦那が家にいて掃除ができないと思うのであれば、その日は掃除をお休みしてもいいのです。

イライラしない妻たちは、適度に力を抜くことも上手なのかもしれません。

旦那へのイライラ解消法

旦那へのイライラ解消法

旦那にイライラしないように工夫しても、一緒に生活しているのですからイライラすることもあるでしょう。

ストレスをためることは身体にもココロにも良いことはひとつもありません。

発散することが大切なのです。

上手くストレスを発散できなければ、旦那や子どもにあたってしまう可能性も否定できません。

そこで、ストレスを発散する方法、イライラを解消する方法をご紹介します。

イライラする訳を旦那にハッキリ言う

前述でもありました通り、旦那は「妻が不満におもっている」「妻が家事育児を負担に思っている」ことに気が付いていない場合も多いです。

そのため、貴方の思いをしっかりと言葉にして旦那に伝えることが大切です。

ここで大切なことは2つ。

ひとつは、決して感情的にならないこと。

ふたつは、具体的に説明すること。

感情的になってしまうと、伝えたいこともしっかりと相手に伝えることができません。

そして、具体的な例を挙げて説明することで旦那の理解を深めてもらう必要があるのです。

イライラしたら旦那から離れる

同じ空間にいれば気分転換も難しく、イライラを引きずってしまいがちです。

イライラした場合はひとまず旦那から離れて気分を落ち着かせましょう。

外の空気を吸いに散歩にでかけたり、旦那が視界に入らない部屋に行くのもいい方法です。

まずは大きく深呼吸し、更なるイライラを抱えないように一呼吸おくことも大切です。

毎月、一人の時間を確保する

家事育児をがんばる貴方はとても偉いです。

しかし、妻でも母親でもなくただ一人の人間として貴方のためだけの時間を過ごすことも大切です。

せめてひと月に一度は自分のために時間をつかってみてください。

そうすることでココロに余裕が生まれます。

イライラはココロに余裕がないときに起こりやすいものです。

なかなかそういった時間をとることは難しいかもしれませんが、旦那に話をして一人の時間を確保してみてください。

趣味を見つける

上記と似た意味合いですが、是非、趣味をつくってみてください。

イライラしてしまう旦那が頭を占める割合を、大好きな趣味で減らすことも大切です。

趣味は気分転換にもストレス発散にもなります。

妻としてだけではなく、貴方の人生なのですから貴方の好きなことをする時間も必ず必要です。

まとめ

すぐに旦那に対してイライラしなくなるということはないかもしれません。

しかし、イライラしてしまう理由とその対策、発散方法を知ることは大きな一歩になることでしょう。

少なくとも、今までのただイライラしていた毎日からは少しは変えられるはずです。

妻や母親としてがんばる貴方は素晴らしいですが、貴方自身の時間も大切にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です