旦那の朝帰りが多い本当の理由と対策を解説

旦那の朝帰り

「最近、旦那が家にいることが少ない」

「旦那が飲みに行くと朝に帰ってくることが多い」

「朝帰りが多いけれど、ひょっとして浮気…?」

結婚した当初では思いもしなかった不安に襲われている貴方。

旦那の朝帰りに悩んでいる貴方。

旦那の朝帰りにどのように対応すればよいのでしょうか。

今回は旦那が朝帰りをしてしまう理由、朝帰りをされたときにどのように対処すればよいのかを解説していきます。

旦那が朝帰りしてしまうよくあるパターン

旦那が朝帰りしてしまうよくあるパターン

旦那が朝帰りをしてしまう理由はいったいなんなのでしょうか。

ついつい朝帰りをしてしまう理由、実は旦那も朝帰りを望んでいるわけではないケースや男性心理もあわせてご紹介します。

パターン①飲み過ぎてしまう

友人相手であったり職場の飲み会であったり、飲むことや人と話すことが好きな男性であればよくあるパターンです。

いくら楽しい場であっても朝帰りはいかがなものか、と頭を悩ませる妻も多いようです。

理由を聞けば、「気付けば終電の時間を逃してしまっていた」「飲み過ぎて記憶がない」そう答える旦那には困ったものです。

妻としてはメッセージでもいいので一言、その旨を伝えてくれれば幾分かマシだと思うはずです。

しかし、実際には飲みに夢中になりすぎて連絡することを忘れていることもあるようです。

そして飲み会に参加する前の本人には朝帰りをする気がないことも多いので、なかなか朝帰りが直らない傾向にあります。

パターン②仕事でアクシデント

仕事が原因で結果的に朝帰りせざるおえないパターンもあります。自身のミスだけでなく、仕事の繁忙期、上司や部下のフォローなどさまざまな理由が考えられます。共通することは朝帰りした旦那は酷く疲れているということです。旦那自身が望んだ朝帰りではなく、旦那がどう頑張っても回避できないことも多いです。

パターン③妻に会いたくない

「帰宅恐怖症」という言葉をご存知でしょうか。

今、家に帰りたくないという症状に悩まされている旦那が急増しているそうです。

仕事や飲み会があるわけではなく、ネットカフェなどに行きひとりで時間を潰す理由は「家に帰るのが怖い」「家に帰りたくない」といった家に帰ることを苦痛に感じるものです。

酷いものになると家出や蒸発といった行動になってしまいます。

この原因のひとつとして、旦那に対する妻の言動が考えられます。

ダメ出しや注意ばかりをしたり、旦那の行動を管理、制限したりするなどで家での旦那の自由と安らぎがなくなってしまうのです。

妻側には旦那を追い詰めているという自覚がないことが多い傾向にあります。

パターン④家に居たくない

パターン③と似ており「帰宅拒否症」ともいいます。

妻の関心が子どもだけに向けられ、妻とも子どもとも関係が浅いと感じてしまうケース、所謂「疎外感」「孤独感」を旦那が感じてしまうこともあります。

そうであれば自身の家でも居心地は悪いことでしょう。

ほかには家が散らかっていて安らげない、妻が完璧すぎてプレッシャーを感じてしまうこともあるそうです。

又、会社の経営が上手くいっていない、仕事をクビになりそうといった、家族に顔向けできないといった理由もあり妻の力だけでは改善が難しい場合もあります。

パターン⑤浮気をしている

朝帰りになる理由に、飲み会や仕事と答えるものの実は「浮気」が本当の理由であることもあります。

このケースはほかの朝帰りをしてしまう理由とは異なり、妻が「浮気」を見破る必要があります。

自分の旦那が浮気をすることはあり得ないと思っている方も、浮気は隠すものです。

念のために一度確認してもよいのではないのでしょうか。

旦那の朝帰りが浮気か見破る方法

旦那の朝帰りが浮気か見破る方法

朝帰りをする理由が「浮気」である場合、早急に対処することが必要となってきます。

浮気をしている旦那には、普段にはない言動が見られます。

浮気しているときに見せるサインを把握して、旦那が浮気をしていないかを確認してみましょう。

残業、飲み会

前述したように飲み会や仕事を理由にするケースがあります。

旦那の職場環境の変化、たとえば人事異動などがあれば話は別ですが、急に朝帰りが増えた場合、浮気の可能性を考えた方が良いでしょう。

職場環境やライフスタイルが変わらないにも関わらず、朝帰りする頻度が増える理由は多くないはずです。

休日出勤

こちらも上記と同じく、急に休日出勤が増えた場合は怪しむべきかもしれません。

今までなかった出張や研修に対して、旦那を労っていたら実は「浮気」をされていたというケースも少なくはないのです。

しかし、旦那に疑いの言葉を投げかけることは難しいかと思います。

本当に仕事で合った場合、旦那の気を悪くしてしまうためです。

仕事を理由に家を空けることが多い場合は、慎重に事実を確認する必要があるでしょう。

休みの日をハッキリ教えない

浮気をしていた場合、浮気相手と会う時間を確保したいものです。

そのため、浮気相手の予定に合わせることができるよう妻に休日を伝えなくなる傾向にあります。

たとえば今までは土曜日と日曜日は必ず休みであったのに、急にそうではなくなった場合は怪しいかもしれません。

食べる物や趣味の変化

人の好みというものは突然変異で変わるわけではありません。

なんらかの影響を受けるものです。

たとえば、外食をしたときに普段では頼まなかった料理を注文したり、今まで詳しくなかった映画について話をしたりすることがあれば要注意です。

本人の自覚なしに、浮気相手から影響された好みや趣味があるかもしれません。

携帯料金が高くなった

旦那のスマートフォンや携帯電話の通話料や通信料が急に高くなった場合も気を付けなければいけません。

ライフスタイルや交友関係の変化によることが原因と考えられるからです。

アプリを利用すれば無料で連絡がとれますが、その場合はデータ通信料に変化が見受けられます。

携帯料金を確認するときは、データ通信料も確認するようにしましょう。

スマホを離さない

スマートフォンは日常でなくてはならないものです。

同時に、浮気相手との連絡に使用することも必然的に多くなります。

旦那の浮気がスマートフォンから発覚することが多いことから分かるように、旦那のスマートフォンの使い方には浮気が顕著に表れます。

スマートフォンを妻に見られないようにしたり、意識する回数が増えれば怪しいと判断してもよいでしょう。

旦那が朝帰りした際の正しい対処法とダメな対処法

旦那が朝帰りした際の正しい対処法とダメな対処法

どういった理由であれ、とにかく感情的にならないように注意しましょう。

場合によっては旦那の朝帰りの回数を増やすことに繋がる場合や、夫婦の関係に亀裂を生むキカッケになることもあります。

そこで、正しい対処法とダメな対処法をご紹介しますので参考にしてみてください。

正しい対処法は?

心配していたことを伝える

何故、朝帰りをしたのか。

あれほど朝帰りは止めてほしいと言ったのに、また朝帰りをしてきた。

そういった怒りを抱くこともあるでしょう。

しかし旦那が事故に遭っていないか心配な気持ちも当然あるかと思います。

まずは、その「心配」を伝えるように心がけてください。旦那が朝帰り常習犯である場合、また妻に怒られると思いながら帰宅してきます。

そこで怒らずに、心配していた旨を伝えることで罪悪感を刺激し、反省を促すことができます。

寂しかった気持ちを伝える

こちらも旦那の罪悪感を刺激する方法です。

男性は基本的に女性から頼りにされる、甘えられることを好みます。

そして、妻の「寂しかった」という言葉で自身を必要とされていると感じることもできます。

必要とされているのだから次は気を付けよう、と自身の行動に気を付けるようになってくれます。

夫婦間に知らず知らずのうちに生じていた隙間も埋めることができるかもしれません。

ダメな対処法

怒って問い詰める

感情的に責めてしまうことは逆効果といっても過言ではありません。

子どもも怒られるとつい反抗します。

それが旦那というひとりの立派な大人である場合、「なぜ自分のことをここまで制限されなければいけないのだ」と強く思ってしまいます。

そう思われてしまうと更に朝帰りの頻度が増えたり、自由のない家に居たくないと思われてしまうことになりかねませんので注意しましょう。

お酒の席に行く事を禁止にする

これも旦那の行動を制限する、自由を奪うことに繋がります。

仕事の付き合い、友人との交流、ストレス発散など飲み会の参加にはさまざまな理由があります。

それを制限してしまっては、旦那に生きづらさを感じさせ、妻や家庭に安らぎを感じることができなくなってしまいます。

相手の行動を制限することは、相手の反感をかってしまう行為だということを忘れないようにしましょう。

旦那の朝帰りの回数を減らすにはどうすればいいのか

旦那の朝帰りの回数を減らすにはどうすればいいのか

では、具体的にはどのようにすれば朝帰りする回数を減らすことができるのでしょうか。

完全に朝帰りをしなくなるまでにならなくとも、少しでも回数を減らしたいものです。その方法をご紹介します。

旦那の居心地が良くなる空間を作る

男性に限らず、「居心地がいい家」「疲れが癒せる家」「気が抜ける家」というものは帰りたくなるものです。

そういった、物理的にも精神的にも「居心地がいい」と感じることのできる空間を作りましょう。

なにも家具を変えたりする必要はありません。

旦那のプライベート空間を作り、自由なことができるようにするだけでも大きく違います。

更に愚痴を聞いたり、笑顔で帰宅を迎えることで、家を一息つける空間に変えることができます。

家に帰りたくなるような楽しみを作る

楽しみとは何を思い浮かべるでしょうか。

上記のように自分のプライベート空間があれば趣味にいそしむこともできるでしょう。

ふかふかの布団があれば、その日の疲れを癒す憩いの場となるでしょう。

美味しいごはんを用意することができれば、毎日のごはんは楽しみになることでしょう。

そういった、「ささやかな楽しみ」「ささやかな幸せ」を提供することができれば、旦那は進んで家へ帰ってくることになります。

癒しを与えられる女性になる

癒しを与えてくれる存在、というものはとても貴重な存在です。

そして誰もがそれになれるわけではありません。

そんなかけがえのない存在が家に居るのであれば、男性は間違いなく帰ってくることになります。

癒しは、日ごろの疲れをとるだけではなく、次の日の活力も得られるのです。

旦那を甘やかすこと、マッサージなどもその方法のひとつです。

ハグや笑顔にはオキシトシンを分泌させる効果があり相手をリラックスさせることもできます。

そういったささいなことからでも始めてみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

ご紹介したように、朝帰りと一言で言ってもさまざまな理由があります。

どういった理由であれ、妻として気を付けるポイントが3つあります。

  • 感情的にならない
  • 旦那を責めること、問い詰めることをしない
  • 旦那の自由を奪うようなことはしない

旦那はひとりの大人です。

子どもではないのですからそれなりの行動をしてほしいものです。

しかし、同時にひとりの大人の自由を奪うことや行動に制限してもいけないのです。

だからこそあえて「心配していた」「寂しかった」と貴方の気持ちを伝えることで、旦那の反省を促すことが効果的となるのです。

ご紹介した対処法を参考にし、旦那の朝帰りに対する不安を解消して頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です